食、第一次産業、環境

・日本沿岸にコンブ海中林を造成して日本の漁獲量を上げる

ざっくり簡単に言えば、
日本沿岸にコンブをたくさん養殖して、
海中に、コンブの林を造る。

すると、
その昆布海中林を目指して、
魚がたくさん集まってくる、と。

で、
日本の漁獲量もアップするという単純な話だ。

ちなみにだが、
日本よりも排他的経済水域(EEZ)が狭い中国は、
このコンブ海中林造成で、
日本を凌ぐ漁獲量を上げている。

日本が漁獲量を上げるには、
日本沿岸で大規模に、
昆布海中林を造成する必要がある。

なんのことはない、コンブを植えりゃいいんやよ。

ただ、これを民間で、やるには厳しい。

というのは、
漁業関係者が個別でやる規模をはるかに超えているので、
国が、大々的にやらなくてはいけない。

日本沿岸域を昆布海中林造成で、大規模な魚場とするのだ。

もし、
日本沿岸で、
魚がたくさん獲れるとなれば、
漁業の労働人口も増えては行くだろう。

何より食の安全保障にも貢献できて、
一躍、水産物の輸出国に転じる事も可能だ。

(参考)
トラトラライオン
人工海中林造成による水産資源倍増論
コンブ海中林造成技術

ページ上に戻る

inserted by FC2 system