食、第一次産業、環境

・好適環境水を利用した陸上での魚養殖を早期に商業ベースに乗せる

好適環境水とは、

・陸上時でのコストパフォーマンスに優れている
 人工海水<海水<好適環境水

・成長促進効果

・病気に罹りにくい

ちなみに、
海水ってのは
負荷がかかった環境で、
本来、
魚が住む、好ましい状況ではないという。

昔の地球は
淡水も海水も区別なかった。

陸上養殖の必要性としては、
海水汚染、魚病などのリスク要因がある自然の海で、
魚の養殖をするよりも、
魚に適した好適環境水を利用した
安定的な陸上での魚工場が必要となるのでは、と。

魚工場の廃液を野菜工場で利用する。
魚のえさで好適環境水が汚れるが、
それは野菜の肥料になるという。
(参考 未来ビジョン)

ページ上に戻る

inserted by FC2 system