食、第一次産業、環境

・全国無農薬作物販売網を構築する

基本的に、
農家は
農協(JA)にキンタマをガッチリ握られている。

農協が居ないと、
農家は
大量に生産する作物を
全て売りさばく事ができない。

結果、
農家は
農協の言いなりになってしまう、
傾向にあるといえる。

無農薬栽培をやりたくても、
農協に農薬を使いなさいと言われたら、
従わざるを得ない。

虫がついてない、
泥がついてない、
形が整った綺麗な作物を作りなさい。
でないと、
農協の販売網にはのせませんよ、と。

そうなれば、
強要されなくとも、
暗黙裡に
従わざるを得まい。

結果、
農協は
独占的な市場を形成する事にもなる。

つまり、
何をやろうが、
農協の指示通りにする必要があるならば、
自分で考えるのはバカらしいし、
農協任せにすればいいと、なってしまう。

それでは、農家は繁栄しない。

道を切り開こうとしない。

頑張る農家が居ても、
農協と折り合いが合わなくなったら、
自分で販路を確立していかなければならない。

それを俺は助けたい。

もし、
農協と不和になった時のために、
他にも大きな販売網があってもいいはずだ。

そこで、
全国無農薬作物販売網を構築したい。

農協の意に反して、
無農薬で作物を作っても、
無農薬農家の人は、
大きな販路が無いという問題があった。

インターネットが普及したり、
今日では、
民間メーカーや無農薬に関心のある組合などもいて、
販路も広がってはいるが、
俺は全て無農薬作物にすべきだと思うので、
その流れに拍車をかけたい。

なので、
無農薬農家でも、
作ったものが、充分売りさばける販路がある、状態にする。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system