食、第一次産業、環境

・日本農業のブランド化で農業を活性化させる

日本の農業は価格が高いから、
世界の安い農作物と戦ったら負けるみたいな事を言われるが、
決してそんなことはない。

高くても日本ブランドを良いものとして浸透させれば、
生き残る事は可能である。

それは日本人自体、わかっているはずだ。
日本人の中には、
わざわざヨーロッパの高級ブランドを買いあさる人も居る。

それと同じように、
外国人だって、
高くてもブランド志向で買う人も居る。

そこを狙うとかね。

少なくとも、
俺らが
ダメと思ってしまった時点で、
あきらめてしまった時点で、
可能性は、
ゼロパ―セントになってしまう。

だから、
自ら可能性を閉ざす事だけはするべきではない。


色々とアイデアを出せば、
日本の農業は
今よりも活性化する事は確実にできると俺は思う。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system