食、第一次産業、環境

・生鮮食品を自由化して、海外に輸出する

生鮮食品を自由化して、海外に輸出する。

そんな事をすれば、
日本の農業は競争力がないから、
潰れてしまうっていう声があるかもしれないが、
その点は心配ない。

自由化する前提として、
他の項目でも述べているが、
俺は、
国内に流通する農作物は、
農薬、除草剤、ポストハーベスト農薬等を禁止するつもりなので、
いくら海外の作物が安かろうが、
農薬まみれの海外の作物が日本で売られる事がないので、
日本の農作物は安泰だ。

もちろん、
農薬まみれでない海外の農作物もあるだろうが、
距離的な問題があるので、
農薬まみれでないと、
日本に着くまでに
鮮度が落ちて商品になりにくいであろう。

じゃあ、
抗生物質も打たず、
自然に育て、
冷凍にした牛肉などはどうなんだって問いには、
自由化する前に、もうひとつ前提があって、
加工品を除く、
日本国内の農林水産物、畜産物の最低価格を
毎年、決める法律を作るってのを、
それも、他の項目で述べていて、
日本の第一次産業を守るための法律が
実際に施行されていれば、
国内の牛肉と海外の牛肉は、
ほぼ同じ値段で戦う事になる。

輸入業者としては
粗利を得る事になるだろうが、
消費者が積極的に海外の牛肉を買ってくれないと意味がない。

そういうルールを作ってしまえば、
国内産、海外産、同じ値段であるならば、
普通は海外の肉よりも国内の肉を買うだろう。

で、
日本は、
国内では
化学薬品を使用してない食品を流通する事になり、
海外向けには、
農薬を使った食品を輸出するという二つの方針にすればいい。

その辺のところの海外からのクレームには、
なんぼのもんじゃいで押し通す。

てゆうか、
ぶっちゃけ、
世界的規模で、
無農薬にすべきだし、
化学薬品を使うべきでないと思っている。
俺は。

口の中に入れるわけだからね。

でも、
世界で同時に規制する事できないでしょ。

だから、
とりあえず、
先行的に日本で試みるってわけよ。

つまり、
日本国内では、
農薬や化学肥料の使用を禁止して、
毎年、最低価格を決めてしまえば、
自由化しても、
日本は競争しても勝てるというわけだ。

WTOには、
外交でなんとかすればいい。

海外とやりあう時は、
自分なりのゴタク並べて、
こっちに引きずり込めばいい。
(アメリカとかそうやってんじゃん。)

それで、どうとでもなる。

むしろ、そういう風にやらないと、
日本はケツの毛まで、むしり取られてしまう。のかな。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system