食、第一次産業、環境

・有機農業を普及させる

画一的なモノカルチャー農業では害虫が発生するが、
生物多様性が豊かな小規模農業では
生態系のバランスが保たれやすく
病害虫被害が最低限に抑えられる。

害虫対策として
蝿、蟻、蜂等の天敵を活用する。

作物に砂糖水を掛け、
害虫を食べる蟻を引き寄せる。

害虫が嫌う香りを放つ作物を一緒に栽培する。

消化しきれない、
過剰な養分は
逆に、害虫を引き寄せてしまう。

害虫は
農薬への耐性を急速に身に付ける。

(有機農業で世界が養える 足立恭一郎著より)

工夫をすれば、
農薬を使わなくても、農業は可能である。

日本人の繊細さ細やかさ、勤勉さをもってすれば、
農薬等を使わない農業は実現できると俺は思う。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system