神奈川県横浜市南区

・公共施設に自販機設置入札を導入する

自販機設置入札とは、
役所などに設置されてある自動販売機を、
一般競争入札にする事で、
自治体に入ってくる年間使用料が従来よりも上がるというものだ。

ちなみに、
広島市では、
入札制導入で
自販機設置料が従来の242倍になり、宇都宮市では従来の12倍となった。

公共施設のあらゆる場所で、
この自販機設置入札制度を導入すれば、
自治体に入ってくる収入が増えて、多少なりともだが、財政負担が緩和するだろう。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system