政策立案集

・耕作放棄地は増税する

日本全国には埼玉県と同じ面積の耕作放棄地があるが、
横浜市にもおそらく、
耕作放棄地はあるはずだ。

耕作放棄地とは、
農地として使用していたが、
担い手がいない等の理由で、
その土地で農業を営まなくなり、耕作を放棄してしまった土地だ。

そういった土地は普通の土地よりも土地に掛かる税金が安く、
下手になんかするよりも、
耕作放棄地として放棄した状態を維持していたほうが、
税金は安いという事もあり、放置されたままとなっている。

そういった状態になっているのは、芳しくはないので、
耕作を放置しないで、
誰かに貸すなりでもして、農業をやってもらう。

もし、
耕作放棄地をそのまま放置した場合は、
耕作放棄地に対して増税するなどして、農業復興を推進させる。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system