税金

・エンジェル税制を時限的に強化する

エンジェル税制(ベンチャー企業投資促進税制)とは、
ベンチャー企業への投資を促進するために
ベンチャー企業へ投資を行った個人投資家に対して
税制上の優遇措置を行う制度で、
現在の所得控除の対象投資額は、
1000万円までだが、
それを時限的に、
3000万円までに引き上げる。

また、
現状だと、
その対象となる企業は、
創業3年までとされているが、
これを7年までに延ばす。

そうする事で、
ベンチャー企業が活性化し、
日本経済を盛り上げる原動力になる。
かもしれない。

(参考:未来ビジョン)

(皇紀2670年11月20日作文) 

ページ上に戻る

inserted by FC2 system