税金

・私立大学には大学税を課する

私立大学自体、当然在っていいし、
それなりに必要だと思うが、
現状をみてみると、
私立大学が多すぎる。

もっと少なくていい。

別に
絶対に大学に行かなければいけないってわけじゃない。

けど、
どの親も子供には幸せになってもらいたいって普通は思う。

で、
それなら、大学に行きなさい。と。

そういった需要を背景に大学数が激増。

大学を出るのが
当たり前になってしまった。

俺は、
俺なりの教育改革の考え方があるが、
基本、義務教育を受けていればいいと思うし、
大学だって国立、公立の大学さえあれば、いいと思っている。

だけど、
色んな層の人間が居ますし、
私立大学でないと出来ない教育などもあろうし、
自由であれ、ってのもありますから、
私立大学は、それなりに必要だとは思います。

けど、
現在は多すぎる。

名前聞いてもよくわからん大学が多すぎる。

そんなもんは大学じゃない。
サークルみたいなもんだ。

大学行ってガリガリ勉強すれば、まだいい。

しかし、
大学4年間を
社会人になる前の、
たくさん遊びが出来る期間と位置付けている学生は多い。

結局、
今の大学は
学問するところというよりも、
その後の人脈作り形成の場となっている。

大学で一生の友達ができるってのも結構あるだろう。
その意味では大学の重要性はかなり、ある。
俺は、大学行ってないけど、
今の大学ってのは、
一生付き合えるような友達、仲間を作る場みたいなもんだと思ってる。

本来の学問をする場としての大学の意味は崩壊しつつある。
(断っておくけど、当然、全部が全部そうだとは思ってないけども。)


今の日本って
総じて、
そうなんだけど、
みんな大学に行きたいってなったら、
枠を拡大させて
皆が行けるようにしちゃうんだよね。
それって良い事もあるだろうけど、
現状、悪だと、俺は思う。

皆それなりに
どこかの大学に行けちゃうから、
そんなに頑張らなくても、よくなってしまう。
ましてや少子化だし。

そうすると、
経営のために、バカでも入れようとする。
すると、
全体的に大学生の学力低下。

競争原理が働かなくなるのだ。

競争原理を働かせるためには、
大学に行ける人数を圧倒的に減らさなければならない。

大学に行くってのは、
大学に行ったという時点で
超エリートと言われるくらいにね。

今は、
大卒って言っても、
どこの大学ですか?って聞かないと、
こいつエリートなんかどうなんかがわからない。

日本が停滞する原因の一つとして、
大学の数が多すぎるってのがあると思う。

制限を掛ける事で、
競争原理に拍車が掛かり、
日本の学力が向上する。

人間、省かれるとか損するとか、
そういうのだと頑張ろうとする。

皆、
それなりに頑張れば、
それなりに入学できますよだと、
人間、甘えてしまうものだ。

平成21年度4月1日現在、
国立86校、621,788人

公立77校、136,914人

私立595校、2,087,263人

日本の大学合計758校、2,845,965人

となっている。

てか、
日本に758校も多いでしょ。
マジで要らない。

これを国立、市立の数は現状維持で、
私立の数を50校くらいにまで減らす。

すると、
大学数の合計が200校くらいになる。
俺としては、これでもちょっと多いかなと。
私立校は10校くらいでもいいと思ってるけどね。

こうすると、
学歴社会がイイ意味で激化する。
大学卒業したのにもかかわらず、職がないなんて事はまずない。

だって、大卒ってだけで、エリートなんだから。
(今はバカでも大卒になれてしまう。)

大学卒業と同時に
幹部候補として、
待遇されて、
効率的な働き方ができる。

てかね、
現状、
大学卒業したのに、
職が無いなんて当然だわ。
だって、
みんな、大学入れて、卒業出来ちゃう世の中なんだから、
そういう傾向になるでしょ。
そんなんで、あたふたしてるバカなら、
なおさら、職が見つからなくて当然だわ。
不況のせいだけじゃないんだよ。
今や、大学出れば、安泰なんて事はないのだ。
大して頭が良くないバカでも大学を卒業する事だって不可能では無いんだから。
でも、
そんなんって、おかしいじゃん?

私立大学を50校くらいに制限してさ、
大学受験に敗れた者は、
現場で頑張って伸し上がればいい。

大卒が上、高卒が下なんてのは学力の判断基準においてであって、
人間としての優劣には全く関係無い。

先に社会に出て、伸し上がればいい。

起業したって、いいしさ。

競争を激化する事で
日本が浮揚する。

だが、
いきなり私立大学を500校以上を潰すのは、
反発必至なので、
私立大学税を導入して、
年々、税率を高額にしていく。
または、世界大学ランキング等などを参考にして、
上位は税率免除や厚遇してもいい。

そうやって、
どんどん脱落させていき、
最終的に残った私立大学を基に、
それ以上は
基本、私立大学を作れないようにする。
ただし、
競争が停滞しないように新規参入も否定はしない。

大学が少ないと、
基本、実力がないと入学できない。

しかし、
正直、
大学数が多い方が格差を生む。

大学数が多いと、
バカでも
カネやコネを使えば大学に入学できてしまう。

バカでも大学入れちゃうから錯覚する。
自分は頭がいい部類に入っている、と。
高卒では無い、と。
で、就職活動したら、就職先が中々無い、と。
なんでだ?大卒なのに。。
と、バカが錯覚する。

そんなバカでも大学に行っておくと、
教職員免許が手に入っちゃったりさ、
大学出というだけで、
高卒よりも評価されてしまう世の中。

就職先が見つからないから、
じゃあ、教師にでもなろうかな、と。
そんなヤツに教師が務まるはずがない。

能力があっても、
大学を出ていないと評価されないってのは、
未だに存在する。

自衛隊とかでも、
給料は
高卒か大卒かで金額が違う。

大学がたくさんあるという事は、
バカでも何でも、
大学がたくさん在るにもかかわらず、
大学に入っていないという事で、社会で損する事が多いのだ。
でも、
貧乏人は、大学に入れない。

その結果、
大学がたくさん在る方が、格差や差別を助長する。

でも、
大学数を圧倒的に減らしてしまえば、
大学を出ていない方が多数派になり、
それが普通になるので、
そういった差別なども基本、今より少なくなる。

学力や見識が無いと、
簡単に大学に行けないようにする事で、
バカを勘違いさせずに不幸を未然に防ぐ事が出来るしね。

バカを無慈悲に錯覚させない優しさが必要である。

色々考えた結果、
大学を圧倒的に少なくした方がいいと俺は思った。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system