税金

・風俗業を公認して風俗税を設ける

風俗は不景気でも繁盛するので、
ここから税金を徴収すればいい。

風俗税を作るには、
まず、風俗を公認する必要がある。

今でも
イメージが悪いとされながらも、風俗業はにぎわっています。

風俗業を撲滅できないのなら、
いっそのこと風俗を国が認めて、
その分きっちりと税金をもらえばいい。

風俗に行く事は、恥ずかしい事じゃないんだよ。
普通の事なんだよと。
外食したりショッピングしに行ったりする感覚なんだよと。

規律高き軍人さんだって、慰安婦を利用してくらいだよ。

誰だって、性に興味はあるからね。

みんなスッキリ、国の財政もスッキリするしね。
税率は色々と検討して決めたい。

性的サービスを提供する場合は、
風俗税を課する。

性的サービス無しでも、
水商売とか、
客と接触したり密着して接客をするような場合も、
風俗税の課金対象となる。

客と接触、密着しなければ、
水商売でも風俗税は課されない。

その線引きは難しいけども、
ともかくも、
風俗業等をオープンにしてイメー
を良くして、
風俗業等を合法化し、風俗税を設ける。

胸を張って、
風俗やってるんだー。って言えるような環境にしたいです。

もちろん、
今でも素晴らしい職業だと僕は思っています。
 

ページ上に戻る

inserted by FC2 system