税金

・出産を義務化して、出産養育してない税(子供税)を導入する

成人男性、成人女性には
子供を作る事を義務付けする。

で、
子供を作らない家庭には
子供税を納めるようにする。

成人1人に対して
子供1人を作るようにする。

つまり、
一般家庭であれば、
父親、母親と親が2人なので
子供を最低でも、2人作らなければならない。

作らない場合は、
1人に付き、月に1万円を子供税として支払う。
1家族であれば、2万円を子供税として払う。

子供を作ったら、子供税を払わなくていいっていう方式にはしない。
産んで、成人まで育てる事に意味があるから。
なので、
子供税は成人になるまで徴収し、
ちゃんと成人まで育てたら、
今まで払った子供税が全額戻ってくる仕組みにする。
つまり、
年で24万円支払うから、×20年で、480万円を払うが、
1人が成人した時点で、240万円が戻ってくる。
例えばね。

で、4人目を産んだ場合は、
特別に、その時点で、子供税を支払わなくて済むようにして、
今まで払った子供税も戻ってくるような仕組みにする。

ちなみに養子縁組でも構わない。

また、
身体に障害があり
元々子供を産めない方の家族は、
当然、子供税を全額免除するし、
私が他の項目で提案している保険適用内のあらゆる不妊治療を受けてもなお、
子供が授からない場合において、
医師の診断があれば、
その家族は子供税を全額免除する事ができる。

サラリーマンや公務員などは、
給料から自動的に天引きされる。

自営業者等は、
住民税とかみたく、
家に振込用紙が送られてくる。

支払いを拒み、
子供税を滞納し続けた場合は、
逮捕され、
これまた私が他の項目で提案している刑務所で労働して、
滞納額を返済する事になる。

徴収した子供税は、
これまたまた私が他の項目で提案している育児手当や出産祝い金、
出産費用完全無料化制度、
人工授精・体外受精・顕微授精等の不妊治療費に充てる。


子供はいらないと答える若者が
6割近く、いるというアンケート結果がありました。

その気持ちもわからないでも、ないです。

だがしかし、
僕がこの世に存在しているのは、
僕の両親が俺を産んでくれたからです。
だから今、俺はここに存在しています。

人類の歴史は、
子供を産み、育てる事で、
その歴史を連綿と繋いできました。

俺の親が俺を産んだように、
俺も子供を産んで育てて行く責任があると思います。

もっと言えば、義務と言ってもいいでしょう。

極端な話、
人間が子供を作らなければ、
人類は滅亡します。

昨今では、
晩婚化、少子化が進み、
健康にもかかわらず子供を産まない大人もいます。

子供を産めるのにもかかわらず、
自分の都合で産まないというのは、
人間としての責務を果たしていないと同じです。

だから
健康な男女は
子供を作るというのを義務化すべきです。

一般的にニートは一方的に批判される対象となりますが、
働けるのに働かないニートと同じです。
社会人が、子供を作り育てないのは。

まぁ、子供を作らない自由というのもあるでしょうから、
その場合は、
その自由を得るかわりに、
成人したら子供税を月に1万円納めてもらいます。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system