外交、領土問題

・沖縄の在日米軍を最速最短でアメリカに撤退させるためには

俺は、
日本から在日米軍を撤退させたいと将来的に考えているので、
沖縄からも在日米軍をすぐにでもアメリカに撤退させたいと、
思っている。

では、
沖縄の在日米軍をアメリカに撤退させるためには、
どうすればいいか。

まず、
なぜ在日米軍が日本に居るかという事から考えたい。

在日米軍が日本に駐屯しているのは、
二つの理由がある。

日本を守るため。
次に、
(日本及び)アジアを監視するため、だ。

なので、
この問題を解決すれば、
日本からアメリカ軍を撤退させる事が出来る。

東アジアの監視をしないとしても、
最低でも、
日本は自分たちの国を
独力で守る事が出来るようにしなくてはならない。

つまり、
はっきり言えば、
自衛隊を軍隊にして、
軍備を増強するしかないのだ。

おいおい、
守るだけなら、
軍隊にする必要なんてないだろとツッコむ人がいるかもしれないが、
アメリカと同等の力を持たない限り、
日本からアメリカ軍を撤退するという事は夢物語だ。

アメリカ軍が日本にいるという事は、
日本を攻撃すれば、
同盟国のアメリカとも戦う事になるという事で、
日本と戦争するという事は、
日本+アメリカと戦争するという事と等しい。

なので、
もし日本からアメリカ軍を撤退させるのであれば、
日本+アメリカと伍する軍事力が必要なのだ。
であるとするならば、
今の自衛隊の力では対応できない。

日本+アメリカに匹敵するくらいの軍事力が必要となる。

さらに、
防衛だけでなく、
攻撃力も持たなければいけない。

なぜならば、
日本が攻撃力を持つという事は、
日本を攻撃したら、
日本から攻撃されるかもしれないと思わせる事が出来るからだ。

なので、
圧倒的な攻撃力を持つ事で、
それが抑止力として効果を持ち、
圧倒的な防御力にも成し得るのだ。

で、
自衛隊を軍隊にして、
軍備を増強する必要がある。

その増強した日本軍を日本各地に駐屯させる必要がある。

当然、
沖縄にも駐屯させる事にもなるが、
アメリカが担っていた東アジアを監視するという役目を無くし、
沖縄だけを守る軍隊を駐屯させるとするならば、
現状、駐屯している在日米軍よりも少なくする事が出来る。

この方法が、
沖縄から(もちろん日本からも)、
在日米軍をアメリカに撤退させる、
最速最短の方法である。

民主党の沖縄から在日米軍をどかせる。ってのは、
万に一つで、この方法によるものを期待したが、
やはり当然、この方法ではなく、
日本を弱体化させるものであり、阿呆のやり方であった。。

自衛隊を国防軍にせず、
核武装もせずに、
単に、
在日米軍を日本から撤退させるというのは、
日本の安全保障を放棄する事に等しく、
絶対にやってはならない。

それこそ、日本の終わりになる。

中国、ロシア、朝鮮にやりたい放題やられて、
アメリカからも見放されてしまい、
日本は独自で守る力も無いままに、孤立する事になる。

それだけは避けなければいけない。

そうならないためには、
まずは国内の意識を変える。

在日米軍が居るのはしょうがない、
中国や朝鮮にいいようにやられてもしょうがない
という意識を変える。

とりあえず、
憲法9条は変えない状態で、
徴兵制を導入して日本人の牙を研ぐ。

核兵器を抑止力として
日本独自で核兵器の開発研究をして
中国、北朝鮮、ロシアに向けて配備する。

また
日本の国土を
核やミサイルから守るバリアとか、
衛星を使ったミサイルなどを開発する。

徴兵制を導入してから10年くらい経った後、
憲法9条を改正というか、
自衛隊を日本軍にして、
米国に日本から出て行ってもらって、
必要な時は助けてくださいという風にしておく。

そういう風にして、
日本が独力でも日本を守る事が出来るってならないと、
アメリカ軍を日本から撤退させる事は厳しい。

もちろん、
在日米軍を完全撤退させても、
アメリカ軍との同盟関係は結んだままにする。

おそらく、
現状の世論であれば、
最短でも10年、20年はかかるだろう。

現実的に考えれば、
到底受け入れられないかもしれない。

となると、
アメリカ軍は永久に日本に駐屯する事になる。

日本人として、それでもいいのか、って話に行きつく。

日本人は、日本は変革する時がきたのだ。

その抜本的で大胆な変革を受け入れるしかない。

何も日本から全てのアメリカ軍を撤退させなくても、
とりあえず沖縄県からアメリカ軍を撤退させるくらいなら、
可能なのではないかという人もいるかもしれないが、
それは難しいだろう。

というのは、
アメリカが日本のどこにアメリカ軍を配置したいかというと、
沖縄県なのだ。

なぜなら、
沖縄県の立地が東アジアを監視するのに、
ちょうどいいからだ。

なので、
まず、
アメリカが
現状で沖縄県から退くという事は受け入れないだろうし、
仮に、
強引にアメリカ軍を沖縄から撤退させてしまえば、
日本はアメリカに見捨てられて、
軍事力がダウンした日本は、
中国、ロシア、朝鮮から、
あらゆる面で圧力がかかり、
日本は弱体化していき、
現状よりも酷くなるだろう。

そうなった場合、
沖縄県は独立させられて、
中国の影響下に置かれる可能性も高い。

沖縄から琉球という名称に変わり、
琉球には、
中国人が流入し、
中国語と日本語が公用語となり、
その頃には、
琉球在住の外国人にも被選挙権が与えられていて、
琉球の大統領は中国人となり、
台湾みたくなっていき、
次第に中国化していく事になるだろう。

沖縄県民の全てがそれを望むのであれば、
俺は日本人として悲しいが受け入れるしかないが、
俺は日本人として、
沖縄県が日本から離れる事を望まないし、
この日本を、沖縄県を、俺は全力で守りたい。

現状、
在日米軍のほとんどが沖縄県に駐屯している事を、
俺は憂いているし、
俺は何とかしたいと思っている。

そのためには、
日本の軍事力を増強するしかない。

ちなみに、
普天間基地の移転問題がクローズアップされているが、
このまま膠着しているとどうなるかというと、
その将来像として嘉手納基地がある。

嘉手納基地周辺の住民が次々と転居し続けているというのだ。

日本政府が嘉手納基地周辺の住宅の土地を買い上げて、
住民が居なくなってしまっているのだ。

買い上げた土地には、
騒音を軽減させるために、樹木を植えるのだという。

基地を移動させるのではなく、
周りの住民を移動させるというやり方。。。

普天間基地も、
基地を移動させるのではなく、
隣接する学校を移転させようとの検討もある。

基地周辺は、
騒音や墜落とかの危険性がある。

俺も何とかしてやりたいけども、
どう考えても、
頭カラカラにして滅茶苦茶考えたけども、
先ほど述べたとおり、
沖縄の防衛を考えれば、
現状、在日米軍を日本から動かす事はできないと、
俺の脳みそがはじいた。

なので、
在日米軍を沖縄県から退きたいのならば、
自衛隊を軍隊にして、
日本独自で日本を守れるようにしないといけない。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system