政策立案集

国防、軍事、防災

国防

自主自立防衛

・日本(自分達の国)は日本人が(自分達で)守るようにする

・自衛隊軍隊消防隊防災隊消防団郷土防衛団変える

日本の安全保障

・憲法9条改正は賛成(ただし、アメリカとかの犬にならないならば)

アメリカの戦争加担のための集団的自衛権には反対

現時点での集団的自衛権行使容認と特定秘密保護法のセットには反対する

・アメリカの国益のための特定秘密保護法なら反対する

・少年工科学校を復活させ、さらに発展させる

・減少し続けている国防費を増強させる

・国の命運を握る天才科学者や天才数学者等を量産する

・国民一人一人に国防という危機管理意識をちゃんと持たせる


売国奴を淘汰する

・中国の国防動員法対策をし、日本も同じような法を作る

・無料オンライン戦争ゲームを普及し、成績上位者をスカウトする

あらゆる面において日本の自給率100%確保を目指す

日本もBSL-4での運用をしてウイルス等の対策をちゃんとやる!

・細菌やウイルス等の生物兵器対策をとる

サイバー戦争対策をする

中国のASBM(対艦弾道ミサイル)対策をする

北朝鮮のミサイル「ムスダン」対策を早期に解決させる

国土防衛目的のため、受諾した対人地雷全面禁止条約を破棄する

・日本独自にHAARP全地球包囲監視システムを作る

(国境、領土、資源)防衛

領土領空領海侵犯には警告の上、拘束または攻撃する

・外国の密漁船は、銃撃して、拿捕して、損害賠償を請求する

日本の特定海域の自主的な国際海峡措置を廃止する

日本の国境隣接地域を集めて主権確保の全国会議を開く

・沖ノ鳥島に核ミサイル基地を作る

外国人土地法を有効化する

日本の森林、水源地などの土地を外国資本から守る

諜報

日本にもCIA、KGBのような諜報情報機関(スパイ軍団)を作る

・日本版CIAとして、現代の忍者を養成する

・陸軍中野学校を復活させる

日本のインテリジェンスコミュニティーを強化、発展させる

情報省を設立する

・日本版NSCだけにとどまらず日本版NSAも作る

日本の暗号通信技術等を世界最強にする

・日本国内のNSA(米国家安全保障局)のエシュロンを廃棄する

日本も諜報活動をする

スパイ防止法を制定し、スパイ対策をする

コンピュータネットワーク

サイバー攻撃(サイバーテロ)対策をする

・ホワイトハッカーを養成する

クラウドコンピューティングのデータセンターを国内に確保する

気象兵器

・あらゆる気象兵器の対策を立てておく

・人工地震や地震兵器の研究をする

アメリカ軍の超特殊兵器の対策をする

・人工地震攻撃、人工津波攻撃対策をする

軍事

軍隊、自衛隊

日本の自衛隊を軍隊にする

徴兵制を導入する

日本も富国強軍政策を実施する

日本軍を世界の警備会社としてリース契約をする

・防衛省を国軍省に変える

自衛隊員を5倍の100万人に増やす

・自衛隊に原爆及び原発事故対策部隊を設立する

自衛隊のポジティブリストをネガティブリストに変更する

自衛隊を国内にて便利屋集団として商業活用する

防衛省職員に兵役を課する

自衛隊の制服等は国産を保持すべき

・護衛艦を戦艦、戦闘艦、軍艦等に名称変更する

・自衛隊の訓練に害獣駆除(ハンター)(発砲含む)を取り入れる

特殊部隊

・日本にも海兵隊を作る

ランボーみたいなレンジャー隊員を養成する

・少年パイロットを養成する

日本独自の隠密機動部隊を作る

・科学忍者隊的なのを作る

海外で人質を救出するための組織、部隊、人脈を構築し、いざという時のために万全を施す

政府の任務や許可なく退避勧告地域に行った者は刑罰に科し、かつ人質にされても救わない

核武装・核防衛

自衛のために、核武装をする

・NPT(核拡散防止条約)から脱退する

日本も核シェルターを普及させる

今後、新しく建物を作る時は法令や条例で核シェルターの設置を義務づける

核シェルターと防毒マスク

核兵器を無力化するような装置を開発実用化する

中国、北朝鮮、ロシアの対日本用の核兵器対策をする

国産兵器開発

純国産コンピューターウイルス兵器を開発実用化する

純国産原子力空母を開発実用化する

純国産ハイテク無人ロボット兵器を開発実用化する

純国産無人航空機を日本も開発実用化する

純国産原子力潜水艦を開発実用化する

純国産日の丸ステルス戦闘機を開発実用化する

武器輸出三原則を見直して日本の軍事兵器を輸出し、武器の開発コストを下げる

・無人軍事ロボットを開発する

・軍用犬を育て、うまく活用する

架空兵器

ガンダムなどのロボットを開発実用化する

ストライクフリーダムを作る(不殺可能な兵器と、それを駆る人を作る)

・オールレンジ攻撃(ファンネル等)を開発する

日本全土を守る絶対防御のバリアを開発実用化する

・強襲揚陸潜水艦トゥアハー・デ・ダナンを開発実用化する

・マクロスみたいに、戦意を喪失させて和ませる歌の研究をする

・人型ロボットを全国に配備させる

有事対処、危機管理

・憲法に国家非常事態宣言を盛り込み、有事を乗り切る

有事の際の危機管理対策を徹底準備しておく

・非常事態には超法規的措置がとれるようにする

災害救援航空機情報共有ネットワーク(D-NET)を日本全国に普及させる

防災

消防団を郷土防衛団(防救隊)(警防団)に発展させる

・地域の防災ネットワークを構築する

・防災用自動販売機の設置を普及させる

・地域で大規模避難訓練を実施する

・災害時に備えて野営訓練を実施する

・救急救命法の一日講習を義務付ける(会社でやるのも可)

・若者を参加させて防犯防災を強化する

・防災、減災を組み合わせた都市計画を行う

・治水機能としても水田を増やし洪水を防ぐ

自助、共助、公助の精神で、防災対策をしていく

災害時に救助のため、消防署から2割、治安維持のため警察署から1割の人員を全国から一時的に緊急派遣する

・災害救助犬の活用を推進する

・災害用の搭乗できる人型ロボットを実用化する

地震、津波、火山

・巨大地震等に備え、防災に最善を尽くす

・地震や津波などのあらゆる自然災害に世界一強い国にする

・地震を予知、コントロールする技術を開発する

地震発生を操作する技術を開発する

人工的に小規模地震を起こし、大規模地震を小規模地震に抑える研究をする

首都圏直下地震・東海地震への万全の対策を施す

歴史的建造物等を除き、耐震性のない建物の使用を原則禁止する

・CO2エコストラクチャーで耐震性を強化する

・耐震免震制震断震住宅を普及させていく

プロセブンの耐震マットの設置を大型家具や電化製品に義務付ける

津波対策をする

日本に足りてない火山学者を増やし、噴火災害を未然に防ぐ

巨大津波でも絶対に壊れない(杭打ちの)堤防を作る

火災

・モリタの消防車、消救車を世界に普及させる

環境に配慮した無添加石鹸の泡消火剤(ミラクルフォーム)を世界に普及させる

・アサノ不燃木材を活用し、耐火性を強化する

ページ上に戻る

inserted by FC2 system