政策立案集

震災復興

被災地復興

・被災地を3年で、日本を牽引するくらいに復興させる

・10年以内に、福島を元に戻す

・震災復興、放射性物質除去に尽力する

・俺なら、東京ではなく東北地方でオリンピックを開催を目指す

・被災地のがれき処理を日本人みんなで受け入れる

・復興庁を復興省にして、やる

必要以上に危険を煽るヒステリックな反原発活動に反対する

年間1ミリシーベ ルトという基準値を緩和する

放射性物質が与える影響がどの程度かスパコンで計算し、安全なら規制を緩和する


復興支援

・東北復興院を設立する

・被災者の一時移住を地域単位で受け入れるようにする

・被災地に全国から公務員、専門家を派遣する

・福島第1原発の早期安定化に尽力する

・大災害による復旧のための公共事業費を増額する

・風評被害を抑える

・復興支援に向けた財源を確保する

・復旧計画ではなく復興計画を立てる

・経済産業省前の国有地に立てた反原発不法テント村を撤去する

ケツメイシ×FUNKY MONKEY BABYSの「ライジングサン」をカラオケで歌えるようにする

被曝対策


過剰で感傷的な被曝対策ではなく、現実的で健全な被曝対策の知識を共有する

・原発事故時に備えて、被爆対策の準備をしておく

・とにかく直ちに放射性物質の国産除染処理の実用化を完遂させる

・放射性物質の暫定規制値に替わる、新たな適した規制値を作る

・原発作業用ロボットを現地に投入する

大震災・大津波対策

・助け合いの地域コミュニティ(自治会町内会)を活性化させる

・防災教育を必修にする

・防災ネットワークを作る

・地域で大規模避難訓練を実施する

・震災時の治安維持のために、自警団を作っておく

・町内で予め防犯グループを作っておく

・地震に強い街づくりをする

・防災頭巾を防災ヘルメットに替える

・戸籍や住民票等のバックアップをちゃんと取っておく

・液状化対策をする

・災害に強い安全な商業ベースの次世代発電所を開発する

・災害救助特殊部隊を創設する

・東日本大震災を活かし、より安全安心の堤防を作る

・大津波対策をする

・東日本大震災と人工地震の因果関係を調査する

節電・電力

原発再稼働しないなら、コンビニ等周辺の自動販売機を当面、稼働停止にする
・サマータイムを導入する

・緑のカーテン補助金支給事業を実施する

・企業の休日を流動化する

早急に原発を再稼働する事で 電気料金値上げを抑え、経済を活発にする

・早急に安全安心な原子力発電所を建設する

ページ上に戻る

inserted by FC2 system