トップページ

このサイトを見て、
なにか感じたら、それが後藤輝樹だぜ。



このサイトに書かれているものは、叩き台です。
考え方も変わる事もあるとは思います。
選択肢の一つとしてご参考ください。
 


日本人として、地球人として、
この世に存在する人間という1つの生物として、
多様的かつ柔軟に、
皆様に考えて生きて頂けたら幸いです。


「はじめに」

あなたは、考えた事がありますか?

今の日本と、戦前の日本の違いを。

善悪は別にして戦前の日本には、

千島列島、
台湾、
南樺太、
朝鮮という領土があり、

租借地として、関東州、
委任統治区域として、南洋群島があった。

それが、今の日本には、全て無い。

日本は、
欧米列強の開国圧力以来、
日本人としての尊厳と
日本の国家としての独立を守るために、戦った。
(有史以来、明治維新に関わらず日本はずっと、戦ってきた。)

しかし、日本は負けた。

千島列島、南樺太は、
ソ連により、不当に侵略され、

仲間であったはずの朝鮮は反日国家と化し、

領土や歴史認識の問題を抱え、

経済大国、軍事大国となった中国は日本の領土を侵略しようとしている。

領土を失っただけでなく、

日本は、
敗戦の結果、
アメリカの半植民地国家となり、

ウォーギルトインフォメーションプログラムによって
自虐史観を植え付けられ、

Screen(スクリーン=映画→今はテレビや動画なのかな、音楽とかもかな。)、
Sport(スポーツ=野球やプロレス、サッカーなどのプロスポーツ)、
Sex(セックス=性産業、恋愛)

3S政策によって、
日本国民は骨抜きにされてしまった。

日本人が本来、有していた
清貧、勤勉、忠孝、忍耐、実直、剛健など日本人の美徳が薄らいでいってしまった。

敗戦後、
日本は多くの領土を失い、
日本人としての気概も失い、
中国、朝鮮は露骨な反日国と化し、
ロシアは不当に領土を占領し続け、
そして今なおアメリカの日本の植民地政策は続いており、
それら周辺国はすべて核兵器を保有していて、
そんな国々に日本は四方を囲まれているのにもかかわらず、
今の日本人は、
その戦前よりも酷い状況に気付かず、
気付いたとしても直視せず、
いっぱしに政治家や官僚を批判するくせに、
政治家とか官僚とか偉い奴が誰かやるもんだろうと無関心で、
個人の快楽にせわしなく、
戦う気概がないどころか、
国家国民を守るために戦う事すら「悪」だというアレルギーを抱えている。

こんな状況が続けば、
日本列島は無くなりはしないが、
日本という国家は、いずれ無くなるだろう。

日本の伝統文化は廃れ、
日本列島は日本人のものでなくなり、多民族国家と化すだろう。

どうして、それに気付かない?

気付いて、どうして、何とかしようとしない?

私は民主主義を絶対的に良しとはしないが、一応、日本は、民主国家である。

変えるのは、誰だ?

変えるのは、政治家や官僚じゃない。

国民一人一人が変えるもの。
(にもかかわらず投票率は低下する一方。)

いざとなったら、アメリカが何とかしてくれるのか?

日本は、
アメリカの半植民地国みたいなものだから、
結果的に、
アメリカが抑止力として効いているだけで、
アメリカは、日本とは心中はしない。

というか、
日本の国なんだから、
日本は日本人が守ればいいと、俺は思う。
最終的には、アメリカを追い出してだ。

自分の国は俺たち日本人で守る。

戦争をして、
人が死に、傷付く事を、当然、良しとはしない。

しかし、私達日本人は人間である。

奴隷では無い。

ただ生きていれば良いという訳ではない。

人間としての尊厳がある。

日本人としての尊厳がある。

過去に、
日本人は人間としての尊厳、国家としての独立を保つために戦った。

国や郷土、家族、人間として日本人としての尊厳を、守るために戦った。

戦うべき時に戦った。

人間は動物ではない。
(人も動物っちゃあ動物だけど一応、ここではそう言う事にする)

日本人は奴隷ではない。

日本人として、
日本人らしく生きる権利がある。

そのために戦う必要性があるのならば、戦うべきである。

少なくとも、俺は、そう思う。

俺も骨抜きにされた日本人の一人であるし、
でも、このままではいけないと気付いた。

気付いて、そのまま放置してもいられなかったから、行動してる。

ただそれだけ。

俺は、日本人としては、とても非常識な部類だと思う。

俺は、
非常識な日本人なんだけども、
だからこそ、
常識的な日本人では出来ない、非常識な日本人だからこそ出来る事があると思う。

道徳、文化、伝統、地域社会とか、
本来の日本人ってこうでしょ。ってのは、俺じゃなく、常識的な日本人に任せたわ。

俺は、非常識な日本人として、俺は俺なりに風穴を開ける。

右翼とか左翼とか、
保守とかリベラルとか、
資本主義とか共産主義とか関係ない。

戦前と比べて、
今の日本の置かれている状況、周囲を見渡して
どれほど危険な状態であるか、
今の日本人がどれほど骨抜きにされているか。

そこは、イデオロギーとか関係なく、
なんとかしなきゃいけない事だと俺は思う。

戦後生まれの現代日本人だから、骨抜きにされてても、しょうがない。

もう、骨抜きにされて育っちゃったんだから、
今更、抜かれた骨を入れようたって、そうは簡単に行かない。

俺だって、
面白いテレビがあれば見たいし、
良い曲があれば聴きたいし、
ゲームだってしたいし、
サッカーだって観るし、
エロ動画だって見てしまう。
国とか政治とか、んな事より、
面白い事、楽しい事に気が行っちゃって、
個人の自由を謳歌したくなるのもわかる。

そういう風な社会で育てられたから。

今さら戦前みたいには急に戻せない。
だから、謳歌したっていいよ。
もう、それは仕方が無い。

だとしても、
骨が無いなら無いなりに、
日本の国益という観点をもとに、
最低限、
日本の事、自分達が生まれ育った国の事をちゃんと考えたいし、
考えなきゃいけないと、俺は思う。

何も考えないで生きるのと、
その事を念頭に置いて生きるのだと、
雲泥の差だと、俺は思う。

一人一人がその事を頭に入れて生活すれば、
日本は劇的に変わると思う。

そういう日本人が一人でも多く増えればと思います。

あとがき
(この文章は、パソコンを整理してたら、皇暦2677年7月28日に、たまたま発見した文章で、以前このサイトのトップページに載せてたものと思われます。データを見ると皇暦2673年以前に記載したようで、文章を微修正し、7月28日、改めてここに掲載してみました。というのも、奇しくも前日7月27日に読んだ漫画に、この文章と同じような事が描かれていたからです。僕は運命論者なので、このタイミングでの発見に運命的なものを感じました。)



日本史上最大最悪の国難に、無知で無関心な日本人

ページ上に戻る

inserted by FC2 system