政策立案集

子供、少子化対策

子供

12歳もしくは15歳で成人または準成人にする

子供永久歯歯列矯正学校1回まで無料治療できるようにする

出産

出産を義務化する

出産費用などを完全にタダにする

25歳までの女性は、不妊治療を無料にする

出産祝い金として3人目以降は100万円を支給する

新型出生前診断、羊水検査等を無料にする

国が赤子から幼児まで養育教育する管理施設を全国に作る

フィンランドをモデルケースに、子供が生まれたら赤ちゃんセットを支給する

教育

義務教育を施す全寮制の学校を作る

国民皆保育園(任意)国民皆幼稚園(義務)制度を導入する

・公立保育園、公立幼稚園を増やす

・公立小中高大学校の費用を全て無料にする

子供議会を活発化させる

不良少年に自分の街の治安を守らせる

防災の担い手として地域の青少年を活用する

未成年者のセックスを禁止する

権利と責任


・早く学業を修めれば、15歳くらいで、社会に出れる環境を整える

子供の労働を合法化する

少年法を廃止する

罪を犯したら少年院で勉強詰めにする

本気で子供の飲酒喫煙を止めさせたいなら少年院に行かせろ

子供でも才能があれば、ガンダム等のパイロットになれる権利を付与する

子供に親を選べる権利を与える

少子化対策

・日本の出生率を上げて、日本人を2億人に増やす

子供4人以上の家庭に教育費無料など現物給付支援を施す

生後一カ月以内に障害児を育てるかどうか選択できるようにする

少子化の一因である男女共同参画社会基本法を廃止し、男女の適切な役割を再確認する

離婚による慰謝料請求を禁止する

一夫多妻制、一妻多夫制を導入する

少子化対策をする

・国営出会い斡旋所を作って、出会いのミスマッチを改善させる

魅力的な男女にするための教育を施す

・結婚する時には10万円支給、逆に離婚する時その10万円返納。


子育て


・託児所等を増やさなければ成立しない子育て環境や社会を是正する

俺の子供手当はこれだ。

児童扶養手当の二人目以降の支給額を上げる

・子ども手当には所得制限を設ける

父子家庭を母子家庭と同じような待遇にする

俺の待機児童対策はこれだ。

・おうち保育園を普及させて待機児童に臨機応変に対処する

正しいチンポコ(包茎)教育を義務付ける

・児童虐待を無くし、全ての子供を健やかにきちんと育てる

赤ちゃんの口内に虫歯菌を入れない指導をする

・乳幼児のワクチン予防接種を向上させる

ページ上に戻る

inserted by FC2 system