外交、領土問題

・中国、ロシア、米国、朝鮮に突き付ける攻めの外交

中国が世界の覇権を握りたいのであれば、
日本を丸めこむしかない。

中国が日本を取り入る事ができなければ、
日本は自然とアメリカ寄りになってしまう。

現状、
中国の日本に対する高圧的な態度を考えると、
日本は中国と上手くやって行く事はできない。

仮に中国が武力を持って日本を支配下にしようとすれば、
アメリカが割って入る事になるだろう。

仮に中国が核攻撃などで日本に壊滅的な打撃を与えれば、
日本は逆にお荷物となり、日本の利用価値は無くなり、
中国が目指す覇権からは遠ざかる事になるだろう。

中国は日本を引き入れないとアメリカに勝つ事はできないだろうしね。

ま、はっきりと突き付けてやるのだ。

そんな理不尽な事を言ってきて高圧的に来るのなら、
本当は日本も仲良くやりたいけども、
日本としては、仲良くできませんよ。
いいんですか?
って、言ってやればいい。

中国が日本に対して、
ちゃんと接してくれるのならば、
日本も中国と仲良くやって行きますと。

それが外交でしょ。

それでダメなら、しょうがない。

でも、それならそれで、次の手も考える事ができる。

今の外交は当たり障りないように、ただバランス取ってるだけ。
いつまで、そんなん、やってるつもりだよ!アホ?

そういった臨機応変な外交駆け引きを、
アメリカ、中国、ロシア、朝鮮とやっていき、
良いポジションを築いていく必要がある。

アメリカべったりでいればいいという外交だと、
日本はダメになってしまう。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system