医療、社会保障

  ・ES細胞、iPS細胞、両輪の研究をする

俺は詳しい事はわからんのだけども、
どうやら
日本は、
アイピーエス細胞の研究に偏重しているらしい。

ES細胞の方が世界的には進んでいるようなのだが、
日本では倫理上の問題で、
規制が在って、
海外に比べて研究が進まないらしい。

その分、
アイピーエス細胞の研究に偏っているとの事だ。

倫理上の問題とは、
イーエス細胞を作るには、受精卵が必要で、
受精卵を使うという事は、受精卵を殺してイーエス細胞を作るという事になるので、
それは倫理上、いいのか。って事で、
日本じゃアイピーエス細胞の研究がやりやすいって事なんだと思う。

だけども、
再生医療としては、
ES細胞の研究も軽視は出来ず、
ES細胞の研究成果が、
アイピーエス細胞の研究にも大いに役立つのだともいう。

なので、
どちらかに偏り過ぎる事なく、
上手い具合に、研究を進める環境を整える。

法規制などを緩和させて。
研究費の偏りもある程度是正する。

イーエス細胞とアイピーエス細胞をネットで調べたのを、
俺なりにざっくり説明すると、
イーエス細胞、アイピーエス細胞ともに、
人のあらゆる細胞になれる万能細胞で、
イーエス細胞やアイピーエス細胞から臓器や筋肉を作る事も不可能ではなく、
再生医療の発展に期待される細胞だと。

イーエス細胞とアイピーエス細胞の違いを言えば、
イーエス細胞は他人の受精卵から作っている点で、
他人の細胞なので拒絶反応が起こる事が懸念されるが、
アイピーエス細胞は、
自分の皮膚の細胞などからも作れるため、
拒絶反応が起きにくいとされている。

ま、しかし、
イーエス細胞が受精卵からの自然な流れで作るのに対し、
アイピーエス細胞ってのは、
本来、皮膚の細胞は皮膚にしかならないのを
無理やり、あらゆる細胞にしようとするため、ストレスがかかり、
まぁつまり、アイピーエス細胞ってのは拒絶反応のリスクが低いが、
ガンになりやすい。って話もあるようだ。

倫理倫理言うけど、
俺は、別にいいと思うよ。
生命を尊重だとか人が勝手にいじくっていいのか、
みたいな事言ってるヤツ、
そいつらのほとんどはさ、きっと、牛、豚殺して、肉食ってんだろ。
都合のいい事言うなよ。
人間が生きてるせいで、
人間のエゴで、地球環境は振り回されてるんだぞ。
今更ガタガタ抜かすな。って俺は思うけど。
もちろん一線は引くべきだが、
研究や科学自体が悪なのではなく、
悪になるのだとしたら、それを扱う人の心だと俺は思う。
どんなものであれ、尊厳、感謝、礼節などは大事であって、
そこを蔑ろにし出すと良くないじゃないかと思う。
生命頂いて腹を満たすのも感謝だし、
正社員だってアルバイトだって同じ人間だし、
風俗嬢だったら雑に扱っていいとかじゃないし。
そういう心の問題だと思うよ。
アルバイトだろうが水商売だろうが大統領だろうが、
同じ目線で敬意を持って接する感覚というか。
人間の都合で動物殺して肉食って、自然壊して快適な生活してさ、
人間が出来る事は必要最低限に抑えて、
せめて、生命や自然に感謝、敬意を払う事だろ。
アニミズムの日本的感覚でもあるのかな。
心の線引きが難しいから、
じゃあ肉を食わないだとか、
非正規社員をゼロにするだとか、
風俗産業を禁止するとかってするのも極論過ぎるだろ。
全ての人間の心の在り方が向上して行けば、
解決出来ると思うよ、俺は、倫理なんてもんは。
科学文明を背負った人間が生きて行く以上、
しょうがないもんはしょうがないんだからさ。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system