医療、社会保障

  ・超高性能車いすを安価で量産化する

障害者のために、
シーティングができる車いすを安価で作る。

シーティングとは
車いすに良い姿勢の状態で座らせる技術の事で、
骨盤の傾きを無くす事が最大のポイントとなっている。

お尻に
特別な素材のクッションなどを用いて、
お尻が床ずれしたりしないように、
車いすに乗る人に合わせて調整するのだ。

車いすに
合う合わないとか、
性能によって、
生活の快適さが全然違うのだ。

車いす生活をするのが厳しい人でも、
シーティングの技術を用いる事で、
車いす生活を送る事ができるようにもなるのだ。

障害を持ったとしても、
健やかに強く生きていける世の中にしたいと俺は思っている。

そのためには、
頭のイイヤツに開発してもらって、
日本や世界に向けて販売して、
世界シェアを占めるくらいに、
量産化して価格を下げる必要がある。

現在は保険で9万円くらいの補助があったりするが、
高性能の車いすの価格帯は、
は30万とか50万円とかしたりする。

その価格帯を量産化して、
価格を最低でも10万円台にまで下げたい。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system