科学技術、エネルギー資源

・電力自由化にして、家庭等で作った電力を国等に買い取らせる

例えば、
各家庭で太陽光発電をするための、
ソーラーパネルを設置する。

その太陽光パネルで発電して、
自分のウチで使ったりして、
余った電力を自由に売る事が出来るようにする。

電力ってのは蓄電できないから、
(ま、一応は出来るけども)
余った電力をすぐ売れるようにして、
電力を無駄にしないようなシステムにする。

そのシステムは、
スマートグリッドが不可欠になるとは思うが、
発電した余剰電力は、
国もしくは東京電力等の電力会社が、
出来るだけ魅力的な価格で
リアルタイムで買い取る事が出来るようにする。

ただ、
需要と供給的な要素は取り組みたい。

晴れの日はたくさん発電出来るから、
価格は低めになり、
曇りの日などは、価格が高くなるとかね。

晴れの日は、
電力会社も、
原子力発電とかをなるだけ使わないで、
各家庭の自家発電分を主力の一つに組み込み算段する。
雨の日は、原発も使うとかしてね。

で、
家庭で太陽光発電で発電して、
自分んちで使いながら、
と同時に余る電力を、
なるべくロスがないように、
必要なところに運ぶ送電システムを構築させる。

今回の東日本大震災では、
電力会社頼みでリスクヘッジが十分でなかった。

原発事故が起きたけども、
例えばだけど、
インターネット網みたくさ、
どこか、オジャンになっても、
他が補うような感じで、電力網があってもいいと思う。

節約主婦の方とか
結構いらっしゃると思うから、
太陽光発電でお小遣い稼ぎも出来るし、
一石何鳥にもなる。

ちょっと儲かるなら、
やろうかなって思う人は居るはずだし、
それが何世帯、何企業となれば、かなりの電力になる。
しかも、
地球に、社会に、貢献できるしね。

太陽光パネル設置は簡単だけども、
それを効率的に繋げるシステムや電力網の構築が急務になる。

頭がイイ人ら、たくさん居ると思うので、早く作ってくれー。
俺がトップなら、大胆に採用するからさ。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system