科学技術、エネルギー資源

・科学技術に対する予算をマジ確保する

アルマ望遠鏡(アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計)では、
最初に日本がチリのアタカマ砂漠への設置が適していると発見し提案したが、
日本政府から予算が下りなかったために、
日本、アメリカ、ヨーロッパでやるはずだった
アルマ望遠鏡のプロジェクトから
日本は外されてしまった。

予算が何とか下りて、
2年遅れで日本も参加する事が出来たが、
日本、アメリカ、ヨーロッパで対等の立場であったものが、
アメリカ、ヨーロッパの下部的立場に甘んじる結果になってしまった。

日本は最初から携わっていたのにもかかわらず、
予算が出なかったために、
外されるなんて事は、全く痛恨の極みである。

俺が統治者であれば、絶対にこんな事にはしない。させない。

腹が立つ。

赤字国債、ガンガン出しとるくせに、
なんで、こういう出さないかんところで、
予算を出さないんや、われえ。

アホか!あほかあほか。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system