経済

・加工貿易で外貨を獲得して内需を拡大する

日本の経済政策は
資源が乏しいので資源を海外から輸入して、
それを基に
加工した高付加価値製品を
海外に輸出して外貨を獲得する。

で、
借金を返すとともに、
日本の景気を良くしていく。

高付加価値製品を売って外貨を稼いで、
日本にそのお金を落とし、
稼いだお金で内需を拡大させる。

借金を返済したら、
今度はそのお金を蓄積していき、
日本の将来のために備えたり、先行投資していく。

日本でしか作ることのできないような高付加価値製品を生み出すには
勤勉である事、
愛国心を持っている事、
教育の質が高い事の3つが必要だ。

まず、
高付加価値製品を生産するための、
高度な教育を子供達に提供しなければならない。

高度な教育を身につけるためには勤勉でなければならない。

高度な教育を持っていても、
愛国心がなければ「仏作って魂入れず」で、
日本の国益に直結していかない。

なので、
高付加価値製品を作るために、
子供達に、
高度な教育と勤勉性と愛国心を提供することから始め、
喫緊では、
今ある高付加価値製品を、
国のトップが世界各国に赴いて、
トップセールスをして、
官民一体となって、
インフラも含めて、
Made In Japanを売りさばく。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system