経済

・公務員削減に反対

コストカットの面から
公務員削減の趨勢であるが、
俺は
やり過ぎは良くないと思う。

日本人は
みんなが右向くと
一斉に右を向くから危険である。

すでに、
公務員削減は結構イッてると思うし、
公務員は国のため、
その地域のために
奉仕する職員なのであるから、
たかが
コスト削減のために、
その職員を減らすという考え自体に
俺はあんまり賛成できない。

民営化、民営化言うが、
民営化したり、
公務員減らして
民間業者に委託すれば
必ずしも良くなるとは限らない。

良くなる根拠としては、
資本原理にさらされて
結果的に良くならざるを得ないので、
コストも削減されて、
サービスも向上するというものだ。

確かに、
そういう面はあるだろうが、
国や自治体が担うべきものを
民間に任せる傾向というのは、
統治する側としては、
あまり良くないと俺は思う。

現在の公務員は、
民間で働いている人よりも
無能で役に立たないにもかかわらず給料が割高で安定してるから、
批判され、民間に取って代わられてしまうわけで、

そうであるならば、
公務員が切磋琢磨、努力すれば、
何とかなるとも思う。

公務員が自ら、
コストを下げ、
サービスの質を向上すれば、
公務員削減だとか
民間に委託しろなどと言われる事もない、と。

公務員が無能だから、こうなるのだ。

悔しくないのか。

公務員は一生懸命頑張っても頑張らなくても、
生活が保障されている職業と認識し、

そういう意識で
公務員に就職したとしたら、
そりゃ、
公務員はダメ人間の集まりだわな。

公務員は、
国や地域の根幹を支え、発展、運営させ、
国やその地域に住む人々がより良い生活が送れるように、
一生懸命に頑張る誇り高き職業なのである。

だから、
公務員は
民間よりも優秀でなければいけないと俺は思う。

そうでないと、
国民は公務員に従おうと思わないだろ。

今の公務員はダメダメだからという事で、
公務員は批判されたりするんじゃないか。

結果、民営化。
民間に委託となる。

すると、
公務員削減の流れはドンドン進む。

公務員が少なくなるという事は、
国は地域の根幹を支える人が少なくなる。

すると
国や地域のまとまりや連帯感が今よりも弱くなる。

民間に委託するという事で
良い点もあると思うが、同時に悪い点もある。

その地域の実情に疎い人が
経済優先で考えてしまう可能性もある。

公務員の場合は、
その地域のために頑張るぞという意識が絶対に必要だと思うが、
民間の場合、
収益やサービス向上が重視しがちになると俺は思う。

それが
すべからく悪い事とは全く思わないが、
ある種、一線を引く必要があると思う。

なので、
公務員を削減したり民営化するのではなく、
公務員の意識を変えて、
公務員の質を向上させるべきであると思う。

民営化は短期的に考えればメリットはあるが、
長期的に考えた場合、
公務員を育てた方が良いと俺は思う。

本来であれば、
政治家が行政改革などをして、
公務員の意識を変えさせればいいのだが、
政治家も無能な者が多いので、それが出来ていない。

だから、
政治家も批判されるし、公務員も批判される。

俺が国のトップや首長になれば、
公務員の意識を変えさせる事が出来る。

根拠はないけども、
トップはそういうアツい気持ちがないとダメである。

官僚にほだされて
癒着的な感じに陥るのは
最低というかホント無能である。

政治家やめた方がいい。

政治家も官僚、公務員も現代のサムライである。
志のねえヤツはやめちまえ。

あとは安定だとか楽したいだとかで公務員になるんじゃねえ。
そういうヤツは公務員をやめちまえ。

そのかわり、
アツい気持ちで公務員やるなら、
俺が徹底的に守ってやる。

追記
平成23年6月18日の未来ビジョンで
三橋さんが言ってたけど、
日本の公務員は、先進国の中じゃ、すでに、すげー少ないらしい。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system