経済

・オールジャパンで、連動性ある経済世界進出を図る

韓国は、
マーケットイン戦略を推し進め、
世界に経済進出する際に、
現地で、
念入りにマーケティングをして、
その国の人達が欲しいと思う商品を開発してきた。

また、
そういった商品を
韓流文化とセットで広めていくといった手法も用いる。

遅ればせながら、
日本も、
韓国らに負けじと、
マーケティングをして、
現地に合った商品を開発すべく奔走している。

しかし、
大抵、
日本のそれは、
個別に留まり、
韓国のような連動性も無く、
国の後押しも弱い。

ここら辺を
日本も
官民一体で臨み、
韓国と同じ土台に立たなければいけない。

今や単体でサムスンに勝てる日本企業は居ないわけですから、
日本の企業は
プライドやメンツなんて気にしないで、
なりふり構わず、戦っていく姿勢が必要である。
それが民間複合体であったとしてもである。

今やこちらの方が追う立場なわけで、
その意識が足りない気がする。

世界で戦う、勝つんだっていう気概が足りない。

日本は、
メンツなんて気にしないで、
韓国企業の必勝パターンを
徹底して、マネするべきである。

日本企業も
韓国企業に倣って、
現地に合わせた商品を作るようになったが、
これだけでは韓国と同じ土俵に立ったとは言えない。
企業が単体で頑張っても焼け石に水である。

国が全面的にサポートしていくべきだし、
民間企業も分野を超えて、
一致団結して世界に乗り込んで行くべきだ。

例えば、
ふと俺が今、思いついたので言えば、
ドラマ制作とセットで商品を売り込むとか。

その国、その地域に合った商品を開発し、
それら商品を開発した日本企業が合同でスポンサーとなり、
現地でドラマ制作をする。

ドラマ制作の経験豊富な日本の制作会社が現地で、
しっかりしたドラマを作る。

そのドラマを見て、
かっこいいな、
かわいいな、
と思ってしまうような憧れのドラマを作る。

現地に合わせたドラマを作る。
キャストも基本は現地の人。
ま、でも日本人がアクセントとして出たりして、
商品だけでなく、
日本の宣伝を図ってもいい。

ウチの国、地域はこういう形で日本との繋がりがあるんだ、と。
そうやって絡めてく事で、日本を身近に感じてもらう。

コンテンツは過去の日本のドラマを基にしたっていい。

そのパイプ役を日本政府がやったっていい。

その地域の人たちが思わず見て、
生活の参考に取り入れてしまうような、羨望のドラマを作る。

そこに日本が開発した商品をぶち込む。

ドラマの主人公やヒロインがそれらを使う事で、
俺も、私も、あれ、使いたいな、欲しいなと思わせる。

そういったものを作中に散りばめる。

こういう風に使うんだ、
ああいう風に使うんだってのを、
時に露骨に、時にさりげなく見せる。

世界的な日本のスターを育てて、
それとセットで売り込むパターンとかもあるが、
ドラマの場合、
白物家電や車、バイク、食品等、
宣伝しようと思えば、何でもぶち込む事が可能というメリットがある。

意図的に、緻密な戦略を持って、ドラマを作るのだ。
そういう意識は日本にはあまり無い気がするのだが、
もう、そこまでやらなきゃ、
生き残れないという状況まで来ていると俺は思う。

ま、これは、
俺がふと思った、例えばの、叩き台だが、
色んな形があると思うので、
こういう連動性があるのような取り組みをする事で、
初めて韓国と同じスタートラインに立てると俺は思う。

そのくらい必死にやっていこうとしないと、
サムスンには勝てないと思う。

音頭を取るヤツが居ないなら、
俺がやってやってもいいし、
垣根を超え、
日本人が一体となって、
挑戦する立場として、頑張って行きたい。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system