経済

・葬送の自由化を認める

日本では
原則として土葬と火葬以外は
法律上認められていませんが、
1991年に相模灘で自然葬をおこなって以来、
遺灰を海や山に還す自然葬(節度をもった散骨)に付いては
違法でないという見解が一応、
示されています。

しかし、
そういった葬送のやり方についての
法整備は進んでおりません。

土地の少ない日本においては、
そのような自然葬を容認していくのも
アリだと思います。

かつては日本にも土葬もあった。

今は、それが廃れてしまった。

今日の日本は99%が火葬である。

現在、土葬は条例で禁じられているものの、
法律では禁じられていない。

金持ちでないと、
葬式代、墓代が出せないって事は容易にあるだろう。
俺だってそうだし。
これじゃあ、困る。

葬式代の費用は平均231万円。

高すぎる。

一応、散骨するにあたっての条件としては、
「他人の土地に無断で撒かないこと」
「その行為が死者を追悼する葬送であること」
の2条件がある。

ゆえに、
海に撒く場合は
その辺に撒くのではなく、
公海まで行って撒く必要があるようだ。

人間にある一定の自由があるならば、
葬式も墓も要らない、ある一定の自由も必要だと、俺は思う。

死んだら、遺骨を持って居てもいいし、
どこかに埋めたっていいし、海に撒いてもいい。

役所にどうするか届け出を出して、
死亡を確定させるだけでいい。

カネをかけなければいけないなんて事はない。

生臭坊主を増やすのに貢献する義務も義理も無い。

これからずっと、
人間が死ぬたびに、
墓が増えていったら、大変な事になっていく。

墓の場所が問題にもなってくる。

葬儀で、業者に頼んで、
必要以上にたくさんカネ取られても癪だろ。

盛大にやりたい人は盛大にやればいいし、
それが普通ではない。

やりたければやる、やりたくなければやらなければいい。

それでいいじゃないかーー。

今は、
火葬場に直行し近親者のみが参列するだけで済ませる
「直送」が増えてきているようだ。

(参考 日本の論点2011より)

ページ上に戻る

inserted by FC2 system