子供、少子化対策

・俺の待機児童対策はこれだ。

待機児童問題ってのは、
出産した女性が
働きたいけど、
保育所が足りなくて、
子供を預ける事ができないから、
働けない。

だから、
子供を預ける事が出来るようにしてくれ。

ってのがある。

俺は、
対症療法ではなく、
根本的な部分を解決したい。

まず、
背景には、
女性の社会進出が増えてきて、
専業主婦が減った事にある。

だったら、
専業主婦を増やせばいい。

もちろん、主夫だっていい。

俺が女だったら、
結婚したら、
働かないで家族の事を第一に考えたい。

家族よりも仕事を第一に考える意味がわからない。

働かなくたって、
社会との繋がりは充分にある。

家族よりも
仕事を優先する必要はない。

女性の方が稼ぎが多ければ、
男性が主夫をやればいい。

子育ての時に、
職を失うってのは、
保育所が足りないどうこうの話ではなく、
それは、その会社の問題であるし、
本当に能力ある女性であれば、
出産後も働いて欲しいと言われるはずである。

また、
生きがいとして仕事をしたいってのではなく、
経済的な面で、
共働きをしなきゃいけないってのなら、
生活を切り詰めて、貧乏をすればいい。
内職でもすればいい。
昔はみんな、そうだった。
子供が大きくなったら、アルバイトでもすればいい。
貧乏して必死で働いてくれる親を見て、子供が育つ。
それも立派な教育だと俺は思います。

稼ぎが無くても、国がお金をくれる。
自分都合で離婚して一人親になっても、国がサポートしてくれる。
好きに自由に生きても責任は取らなくていい、国が何とかしてくれる。
こんな感覚で、子供が育ったらイカンと俺は思います。

俺の基本的な考え方として、
家族ってのは、
旦那が稼いで、嫁が家を守る。ってのがある。

まあ、現代日本ですから、
それが、
嫁が稼いで、
旦那が家を守ったっていい。
致し方ない。

ただ、
両方が共働きってなると、
家族関係が希薄になるのは否めない。

もちろん、
共働きでも上手くやってる家庭はあるだろう。

でも、
それは、
その人らが
上手くやれているだけであって、
全ての人が
上手くやれるわけではない。

家庭を、
家族をちゃんと見ていないと、
しわ寄せは子供に来る。

仕事をするってことは、
仕事でトラブルがあった時、
家庭よりも、仕事の方を優先するのが、仕事をするって事である。

厳しいけども、それが仕事の世界である。

共働きで、
父親も母親も、そうなってしまったら、キツい。

なので、
共働きで働くのであれば、
ガッツリ稼ぐ人、
副業的にサポートとして働く人、って、
分けた方が、俺はいいと思う。

結局、
待機児童問題ってのは、
保育園に子供を預けられないっての事ばかりが、
話題になってしまうが、
本質は、
女性の社会進出にあり、
考え方の問題なのである。

よく市区町村選挙の時に、
アホみたいに、
「待機児童問題を解決します!」謳ってる
立候補者とか、いるけどさ、
そこを、
きちんと認識した上での議論が必要である。

待機児童が
100万人(潜在的待機児童)は居るとか煽っているけどさ

それは、
預けるところがあれば働きたい。ってだけで、
本当に、預けるところがないっていう、
待機児童は5万人以下だという報告もある。

預けるところがあれば、
働きたいてみたいですか、言われたら、
まあ、はい。言うやろ。

5万人で済むかもしれないものを
わざわざ100万人に拡大する必要は、
俺は無いと思う。

無駄な箱もの行政と同じようなもんである。

だって、
じゃあ、今までは、どうやってたの?って話じゃん。

そりゃ、
昔は、今ほど女性の社会進出はなかったにしろ、
なんとか、やってきたわけじゃん。
なんで、問題を作ろうとしているのかが、わからない。

それと、
昔と比べ、
簡単に
シングルマザー(ファーザー)になってしまうところも
何とかしないといけない。

結局、
そこがあるから、
一人親になってしまい、
働くには、子供をどこかに預けないといけない。
預けられない。つうことで、生活保護。ってところまで、
行きつくわけじゃんか。

簡単に結婚して子供作って離婚する。
こういう感覚を正さないといけない。

だから、
待機児童問題ってのは、
対症療法ではなく、
根本的なところを解決しなければいけない。

甘く接するのも一つの手段かもしれないけども、
人間の生存本能からすれば、
生活保護も無い、
子供も預けられない、
ってなれば、
とにかく自分で何とかしようとするのが人間である。
と俺は思う。

もちろん、
それで、死んじゃう人も出てくるとは思いますが、
上手くやる人だっていると思います。

それが自然ですし、
性善説ではなく性悪説に基づいたやり方も手段の一つであると、
俺は思います。

ざっくり言えば、
頑張ってる人、
頑張っていない人、
あまねく全てを救うのは、おかしいと思います。

頑張っている人の全てを救うのが、より正確だと、俺は思います。

成功する場合、
失敗する場合、あると思いますが、
頑張ってる人は、救いたいって思いますし、
何も頑張っていない人は、死ねばいいと思います、僕は。
もちろん、
頑張りさえすれば、何でも許されるって訳ではないですが、
少なくとも
頑張る事すらしない人に、
税金使って保護する必要は無いと思います。

政治家とか官僚に対しては、
身を削ってやる事やってから増税しろみたいな注文するくせに、
大衆は、我が身に対しては甘いんで、悲しくなりますね。
都合良く、国を批判したり、国に頼ったりしてさ、大概にせえよ。ほんまに。
言う資格無しですわ、俺からしたら。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system