国柄

・男系天皇の流れを絶対に護る(女系天皇に反対、男系女性天皇には賛成)

男系天皇の流れを死守する。
けど男系女性天皇には賛成だ。

天皇の万世一系(男系)を死守する。

俺は女性が天皇になる事に反対はしない。

男系の女性天皇の測位には反対しないが、
女系の男性天皇、
女系の女性天皇には反対だ。

言葉通り、
男性天皇は男性の天皇。
女性天皇は女性の天皇だ。

男系天皇というのは、
父親が皇室の血を汲んでいる、
男性天皇、
女性天皇の事だ。

女系天皇というは、
母親は皇室の人間だが、
父親が皇室の血を汲んでいない、
男性天皇、
女性天皇の事だ。

例えば、
不敬ですが、
俺が女性天皇と結婚して、
俺との間に息子が産まれ、
その俺の息子が天皇になったしよう。
そうなると、
俺の息子は女系天皇となる。

皇室の(血筋の)女性と、
皇室(の血筋)とは関係のない男性から
生まれた天皇が女系天皇なのだ。

皇紀2600年以上の日本の長い歴史の中で、
一応、
今までは、皇室の男の血筋から、
天皇陛下が即位されてきたとされている。(万世一系)

この伝統を、この考え方を、これからも日本は守るべきだと俺は思う。

そのためには、
GHQの政策によって
降下させられた宮家を元に戻したり、
側室制度を復活させることもアリだと思う。

日本の歴史において、
女性天皇が即位した事は何度かあるが、
女系天皇が即位したという歴史は
ないという体で、きている。

女系天皇を容認してしまえば、
皇室の流れが大きく変わり、
その流れに一貫性が無くなってしまう。

この一貫性は、
日本が誇るべきものであるのだ。
他国が真似しようにも真似できない。
何しろ真似するにしても、
最低、2670年必要となるのだから。
こういった流れは、
日本が日本であるために、
後世に脈々と受け継いでいく必要がある。

皇室の歴史は日本の歴史と言っても
過言ではないので、
男系天皇の流れを順守する必要が
絶対にあると思う。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system