国柄

・日本人による日本人のための日本の憲法を作る

第二次世界大戦で敗戦した日本は、
GHQ主導の日本国憲法を押しつけられて、
一回も憲法を改正することなく今までやってきた。

同じ敗戦国のドイツは、
戦後、もう何十回も憲法を改正している。

韓国だって、10回近く憲法改正をしている。

国民が自らの手で国の方針、ルールを
変えていくっていうのは、
アメリカ様が大好きな民主主義の基本でもある。

日本は、
GHQに強要された日本国憲法を、
日本主体で考えた憲法に変えるべきだし、
自主的憲法にしろ、
仮に、強要された憲法にしろ、
今の日本に合わせた憲法へと、
随時、調整する必要はある。

細かい事は、
頭が良い奴にやらせればいいんだけど、
骨子を言えば、
天皇陛下を国家元首と明確にする。

しかし、
政治的役割は担わない。

政治的役割は、
天皇を輔弼する役割として、
日本大統領が強いリーダーシップを下に、
日本を引っ張る形にする。

で、
何か遭った場合は、
戦争する事も辞さない覚悟で、
自分の国は自分で守るようにする。

未来永劫、
強い日本を保ち続け、
世界の平和、環境に貢献し続ける。

後は、基本、
楽しく自由にワイワイやる。

てな感じで。

ホントにちょこっと、ざっくり言っただけで、
他にも色々ありますというか、
僕のホームページ見てもらえれば、
こんな感じの憲法にしたいんだろうな、
ってのは、垣間見えるとは思うので、それで察してください。

ちなみに、
天皇陛下は日本では、
日本の象徴っていう曖昧な事になっているが、
世界では、
天皇陛下の事を日本の国家元首と認識している。

この一点を見ても、
今の日本の憲法が体を成してない。

だいたいなんだ、
(日本国憲法の)「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して…」なんちゃらは、
千島列島、南樺太を侵略占領され、
竹島を占領され、
最近は尖閣諸島まで侵犯されている。

どこが平和を愛する諸国民じゃボケ。
なにが公正と信義に信頼してじゃボケ。

侵されとるやないかーい。

戦力を放棄するという事は、自国の安全保障も放棄したに等しい。
すなわち、この国にある「日本国憲法」ってのは、
日本を、日本人を守ろうなんて全然考えてないのだ。
他国に委ねているのだ。

そんな憲法なんてクソくらえだ。

日本を、日本人を守るための、ちゃんとした憲法を作らなアカンで。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system