国防、軍事、防災

・スパイ防止法を制定し、スパイ対策をする

日本には、
日本から他国へ諜報活動をするスパイは居ないと言われているが、
他国から日本への諜報活動をしに来ているスパイは、
たくさん居ると言われている。

こういったスパイを取り締まる必要がある。

そういった事は世界では当たり前で、
他国から情報を入手したり、
他国からの諜報活動を防いだりするのは、
世界の常識で、
情報戦は、どんな国でも、やっていると言う。

やらないのは日本くらいのもので、
正確な情報を把握していないという事は、
戦略や戦術も立てようがないのだ。

テレビで話していたけど、
日本の総理大臣が
アメリカに滞在している日本人に
電話をしたところ、
声のトーンがいきなり切り替わったという。

どうやら声のトーンが変わったのは盗聴されたかららしい。

日本の外交官も
同盟国であるアメリカに聞かれている前提で
話をしているようだ。

それは、
情報の世界に
同盟なしということ。

もしくは、
日米同盟があったとしても、
日本は、
アメリカに、
その程度の存在だと見られているということ。

日本を他国の諜報活動から守るために、
スパイ防止法を制定すべきだ。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system