都市開発、交通

・不適正運転防止装置を開発して車に取り付ける

車に飲酒運転防止装置等を付ける。

前々から、
飲酒運転を本気で無くしたいなら、
予め、自動車に飲酒運転防止装置をつければいんだよ。
と思っていた。

なのに、
それをやらない。

なぜならば、
そんな装置を自動車に付けてしまえば、
飲酒運転が
ゼロになってしまうからだ。

ゼロになると、
警察は罰金を取る事ができないから、
飲酒運転防止装置を車に付けさせないのだ。

俺は憶測で言ってるけど、
それがマジだったら、
なんと腹立たしい事でしょう。

もし自動車に、
飲酒運転防止装置を義務化すれば、
飲酒運転がゼロになります。

なぜなら、
酒を飲んでるなと装置が判断したら、
車が動かないからです。

義務化にするので、
みんながその装置を付けるので、
経済対策にもなります。

また、
俺は、
飲酒運転防止装置を発展させて、
不適正運転防止装置を
車に設置する事を義務化させたい。

不適正運転防止装置とは、
予め、
正常時のデータを登録し、
正常時のデータと、
一般的なデータとを参考に、

飲酒運転だけでなく、
運転手が寝むそうだったら、
車が動かないとか、

運転手の体調が
普段より優れない場合は、
車が動かないとか、

普段と比べて、
精神的に不安定であるので、
車が動かないとか、

そういう装置である。

これによって、
交通事故は激減する。

飲酒だって、
人によって、
同じ量を飲んでも、
ベロベロの人もいれば、
全然平気な人もいる。

科学技術に基づいた装置を取り入れる事で、
交通事故を減らしつつ、
快適な車ライフを国民に享受してもらいたい。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system