教育

・デジタルデバイドを無くす

デジタルデバイドを無くすとは、

日本には
インターネットができる環境とできない環境が存在しており、

皆がインターネットをできるようにしようという意味と、
知識や技術がないことによって、
インターネットを扱えないという人達も自由に、
インターネットを扱えるようにしようという意味があります。

つまり、
日本人、皆が、
インターネットを使いこなせるようにしていこうという事です。

そのためには、
快適にインターネットができる環境整備が必要ですし、
場合によっては、
パソコンや携帯電話などを持っていなくても、
公衆に設置したパソコン的なものでネットに接続できるような、
環境作りも面白いかもしれません。

次に、
そういったものを使いこなせるようにする必要があります。

学校の授業で
レンタルパソコンを1人1台用意して、
わからない事は辞書で調べるのではなく、
ネットで検索して調べながら授業をしたり、
それを元に、
先生や生徒と議論をして、
知識の信憑性を確認したり深め合う事ができるようにしたり。

ただ一方的に教わるのではなく、
わからない事があれば、
自分で調べるという能動的な勉強になります。

教科書では収まりきらない画像、
または映像なんかも
ネットで見る事ができ、
学習をより深める事ができます。

そのような学習の中で、
インターネットの使用に慣れ、
皆が快適にインターネットを利用できる技術を
自然に学べるようにします。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system