教育

・学習到達度調査(PISA)で、日本を全部門で世界一にする

学習到達度調査(PISA)は、
経済協力開発機構(OECD)加盟国、
いわゆる先進国の学力調査で、
現在では
OECD以外の国や地域も参加しており、
2009年の調査では65の国・地域が参加した。

基本的に、
読解力、
数学、
科学の3つの教科の学力テストが実施される。

対象は
15歳3カ月から16歳2カ月の生徒で、
3年に1度行われる。

日本は概ねベストテンに入る傾向にはあるが、
全体的にみると、
じりじりランクダウンしている傾向にある。

2009年の調査において、
上海が世界で初めて、
数学、読解力、科学の全三部門で1位独占を成し遂げた。

日本も全部門1位を目指し、それを維持していきたい。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system