食、第一次産業、環境

・化学調味料の使用を禁止または限りなく控える

というのは、
単純に、
化学調味料に慣れてしまうと、
味覚が麻痺してくるんじゃないかなと俺は思っているからだ。

そうなると、
自然の味では
物足りなく感じてしまいがちになると、俺は思う。

俺は、
基本、ナチュラル志向で、
化学調味料なんか使わずに、
自然の出汁が好きだし、
料理っつうのは、
そういうもんだと思っているからだ。

食ってのは、
人間の根幹をなすもので、
安易に化学調味料を使わない方がいいと俺は思う。

まだ、
自分で自覚して使っている分なら、
まだいいが、
多くの場合、
知らず知らずのうちに、
化学調味料を食べていたりするものだ。

外食とかしたら、
大抵、化学調味料が使われていると思うぜ。

だから、
俺は、
基本、外食しないで、
家で自炊なんだけどさ。

加工食品だって、そうだぜ。

商売している奴らは、
化学調味料使っているなんて言う必要はないから、
当然、言わないしね。

で、
化学調味料を使えば、
安価に、
手間をかけずに味を良くする事ができるので、
皆、使う。
便利だから。

つまり、
加工食品、外食産業の都合で、
化学調味料があるのだ。

化学調味料を食いたい奴がいれば、食えばいいけど、
俺はできるなら、なるだけ食いたくない。

みんながウマいウマいって食ってるのは当たり前。

だって、
うま味調味料(化学調味料)を使っているのだから、
それでウマくなかったら、化学調味料を使う必要が無いのだから。

ウマいという薬のふりかけをぶっかけて食っているのだ。
味がウマいに決まっている。

それをウマいウマいと感じるようになると、
本当の美味さをウマいと感じるというよりも、
化学調味料の味をウマいと感じるようになるからだ。

俺はそんなのいやだよ。

だから、
基本、禁止にすべきだ。
もしくは、なるべく使わないようにする。

日本人の味覚は
非常に繊細だと俺は思っている。

その事が、
日本の食文化に大いにふくらみをもたせてくれていると思う。

しかし、
化学調味料に舌が慣れてしまうと、
味覚が単調になりがちになり、
そのふくらみが
しぼんでしまうのではないかと俺は危惧する。

だから、
なるべくなら、
化学調味料を使わない社会にしたい、俺は。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system