治安維持、刑罰強化

・14歳未満の子供の犯罪も成人と同様に罰する

「刑法第41条 14歳に満たない者の行為は、罰しない。」

刑法第41条を削除し、
14歳未満の子供が犯した犯罪も、
大人が罰されるのと同じように、
刑事責任を追及されるべきです。

犯罪者に刑罰を科するには、
その犯罪者に刑事責任能力があるかが要求されます。

現在、
刑法41条があるために、
14歳未満の子供には、
刑事責任能力がないと判断されて、
14歳未満の子供が人を殺しても、
刑罰を科す事ができない事になっています。

でも、
俺はそれは間違っていると思います。

刑事責任能力があるかどうかじゃなくて、
大事なのは、
被害者の心情を察する事だと思います。

殺されたけど、
相手が14歳未満の子供なんで、
罰する事ができません。
って言われたら、やりきれません。

マジで有り得ないです。

それに第一、
14歳未満の子供だって、
バカじゃないんだから、
やっていい事と悪い事の判断くらいはできます。

そんなのは、
もう小学生なら理解できています。

要するに、
現状、14歳未満の子供であれば、
やりたい放題なわけです。

一応、
刑法で罰せられなくても、
家庭裁判所の審判に基づいて更生する事になるんでしょうけど、
別に、
大人と同じように、
刑罰を科して、更生させる事だってできるわけですから、
あえて、
14歳未満の子供を甘やかす必要性はないわけです。

例えば、
14歳未満の子供が殺人を犯したとしても、
大人が殺人を犯したと同様の刑罰を与えるべきかどうかは、
裁判所がすればいいだけで、
14歳未満の子供に
更生の余地が多分にあると判断したのならば、
そこは、裁判官が考慮すればいい話だ。

予め、
刑法41条で
14歳未満の子供を保護しなくてもいいと思う。

なので、
刑法41条を削除して、
14歳未満の子供にも、
大人と同じように、
法の下において裁きを受けるべきです。

てゆうかさ、
未成年者の将来を考えてとか、
実名報道や顔出しは避けるべきだとか、
あるけどさ、
どんだけ自意識過剰なんだよ。

誰も覚えてねえよ。いちいちよ。

で、
覚えてしまう程のとんでもない事件であれば、
実名報道や顔出しをするべきだしね。

そうじゃないと、
道理が通らんよ。

ページ上に戻る

inserted by FC2 system