税金

・毎年総額1兆円以上を国費から企業に還付する

法人税で徴収した税金のうち、
総額1兆円以上を頑張った企業に対して、
還付する。

頑張った企業とは、
その年の売上率等の伸びが
前年度より、どの程度伸びたか等で決める。

簡単にいえば、
頑張って結果を出せば、
国から賞金をもらえますよ的な制度だ。

企業規模に応じて、
大企業部門、中小企業部門とかに分けて、
大企業部門1位には、1兆円をプレゼントするとかさ。

頑張れば、1兆円を手にできるならば、
法人税を取られても、
それ以上のお金を得られるなら、
やる気も湧くでしょ。

ただ、
還付金目的で
いきなり新規参入してくる企業もいるかもしれないので、
創業10年以上の企業に限定するとか、
そういう項目を設ける。

例えば、
売上高が10兆円くらいの大企業が、
税金を数千億円を国に納めても、
1兆円が還付されるチャンスがあれば、
どう考えたって、頑張る気にもなる。

ま、
1兆円じゃなくても、
納めた税金が丸々還付されれば、
実質、無税になるわけだからさ、
そりゃ、自分とこの会社が無税になるなら、
より競争意識が生まれる。

デカいだけで利益を上げられない企業は、
還付されないので、
結果、
企業は内部留保せずに、
積極的に投資し、利益を上げようとする事になるのだ。

あと、これは、日本企業のみ対象ね。

外資にやって、税金で集めたお金が海外に流出したら、しょーもないもんな。 

ページ上に戻る

inserted by FC2 system